相続放棄の問題は京都の専門業者に相談してみましょう

男性の手

京都で相続放棄をするのはどんなとき?

分厚い本

相続放棄とは相続が発生した際に、相続財産を一切相続しないという選択をする法律的な行為のことをいいます。

ではどのようなときに相続放棄をするのでしょうか。

概ね2つのパターンがあります。

一つ目は故人に多額の借金があり、その返済をしたくない場合です。
相続財産には故人の貯金や不動産といったプラスの財産もあれば、借金といったマイナスの財産もあります。
プラスの財産のみを相続するということはできません。
そのためプラスの財産以上にマイナスの財産が大きい場合は自身の財産から返済しなければならなくなります。

二つ目は人間関係に悩む場合です。
相続人が複数人いる場合に、疎遠だった家族と連絡を取りたくない、話し合いをしたくないなど、その人間関係に悩む方も多くいます。
相続放棄をすることで煩雑な手続きやトラブルを避けることができます。

相続放棄を行う場合は法律的行為なので家庭裁判所に申し出る必要があります。京都で行う場合も同様です。
京都で相続放棄をしようと思った場合、相続放棄は京都の司法書士事務所でも相談受付しています。
相続放棄はメリットだけのように思えますが、デメリットがある場合もあるので、慎重な判断が必要です。
相続放棄をご検討されている方は一度専門家に相談してみるのがオススメです。

POSTLIST