相続放棄の問題は京都の専門業者に相談してみましょう

男性の手

京都で相続放棄するには司法書士事務所に相談しましょう

ペン

何年も会っていなかった親が亡くなったことで、急に相続の話が持ち上がることがあります。また、相続する人間が複数人いる場合には、いさかいの原因となることもあります。しかし、親の遺産がしっかりとした財産である場合にはまだいいですが、負の遺産である場合もあります。そんなときはわざわざ負の遺産を引き継ぐことはせずに、相続放棄をしてしまうという方法があります。京都にお住まいの方でしたら、相続放棄は京都の司法書士事務所に相談するのが一番です。京都には地元の方に親身になって相談に乗ってくれる司法書士事務所も数多くありますので、まずは相談してみましょう。相続は、預金や証券などの有価証券もありますが、土地である場合もあります。その土地がすぐにでも売れるような場所にあればいいですがそうでない場合や、売れるにしてもたいした金額にもならないなど相続するのが煩わしく感じた場合には、その土地を相続放棄するという方法もあります。売りに出す手間隙、固定資産税など、相続した人に負担がかかりそうな場合には、土地を相続放棄してしまうという方法がいいかもしれません。そんなときでも、まずは司法書士事務所に相談してみることをおすすめします。

POSTLIST