相続放棄の問題は京都の専門業者に相談してみましょう

男性の手

相続放棄は京都の司法書士事務所に相談しよう

鉄格子

人が亡くなった場合、その人(被相続人)の相続人は、何もしなければ、被相続人の一切の権利義務を受け継ぐことになります。
その権利義務の中には、借金などのマイナスの財産も含まれます。そして、相続人は、相続人自身の財産で、それについて返済していく必要があります。
そこで、民法は、相続が発生した時にプラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合を想定して、相続放棄という制度を用意しています。
相続放棄につき家庭裁判所に申述し受理されると、相続人は、最初から相続人ではなかったことになります。
ただ、相続放棄の申述は、相続人が相続の開始を知った時、通常は被相続人の死亡の日から3か月以内にしないと原則として受理されなくなります。
また、被相続人の子や孫が相続放棄をした場合、被相続人の親や祖父母が相続人となり、親や祖父母が相続放棄をすると被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。
そこで、マイナスの財産が多い相続につき、確実に相続放棄の手続きをするには、速やかに専門家に依頼し、手続きを遂行していくことが肝要です。
相続放棄の専門家として、京都では、たくさんの信頼できる司法書士が事務所を設置しています。
相続放棄は京都の司法書士事務所に相談をすれば、京都において、安心して手続きを進めていけます。

POSTLIST