相続放棄の問題は京都の専門業者に相談してみましょう

男性の手

京都に住む方の相続放棄について

裁判所

遺産には負債、つまり借金も含まれます。自分にとって相続が不利な場合は相続をしないという選択肢もあります。それを相続放棄と言います。
逆に全てを受け継ぐことを単純承認と言います。
しかし相続放棄は権利や義務を一切受け継がないという選択肢ですから、自分にとって都合の良いものだけを選んで相続するという事は出来ません。これは京都に限ったことではありません。

相続放棄を考えるに至る原因が負債にある場合は、相続した財産の範囲内で負債を相続する限定承認があります。

相続放棄又は限定承認をするには,家庭裁判所にその旨を申し出ないといけません。それを申述と言います。
申述は、民法で「相続の開始があったことを知ったときから3か月以内にしなければならない」と言うように定められています。そのため、相続放棄を考えている方は期間以内に手続きを済ませるように注意が必要です。

申述しなければ単純承認になりますから相続する権利がある人達、いわゆる相続人で分け合うことになります。相続人が複数いる場合には分割することになります。分割には法定相続、遺言による相続、分割協議による相続になりますが必ずもめる事になると思います。

いずれにしても法律上のきまりや手続きは面倒ですので、京都に住んでる方の相続放棄は京都の司法書士事務所に相談することをお勧めします。

POSTLIST